ナマケモノおたくの思考回路

おたくのくせに、やる気がない。

ペラッペラやで。

 どうもです。綾倉です。ムラで星組観劇してきたので、その感想を書きま~す(例によってめちゃくちゃ久しぶりの更新なんですが、それにいちいち突っ込んでたらキリがないのでやめにしますw)。一ヶ月ちょいという長い公演の中で何度も観劇したので、作品に慣れてしまって初見の感想を忘れつつあるのですがw思い出しつつ頑張ります。
 


 『ベルリン、わが愛』巷でも散々言われているのですが、一言で言えばマシな原田、です。装置や美術、場面場面の演出はとてもよく練られていて、賞賛に値する。それが一連に繋がってしまうとなんだかだめで、最終的には置いてけぼりをくらったような感じになるんですよね。あ、終わりか……みたいな。月組のAll for Oneを観たばかりだったらから余計に、話の入り込めなさに眉をひそめてしまいました。ナチス思想統制もよくある普遍的なネタだし、その普遍的なネタを使うのは良いとしても、深いところまで掘り下げてなくて、表面をさらっとなぞるだけで終わっちゃうからなんだかなあ。原田先生ナチネタ好きですよねえ……。一番気になるのは言葉の稚拙さ。中学生、下手すりゃ小学生でも書けそうな文章ばかりでペラッペラ。ペラッペラな言葉を、さも名言かのように言わせるから余計腹立つ。写真目当てに買ったルサンクを丁度持っているので、私が気になる台詞の一部を箇条書きします。

 

  • 「待って、ルイ―ゼロッテ、そっちじゃない。こっちだよ」「そっちで合ってるの?」「多分…」――そっちこっちうるさい(笑)
  • 「人種差別があるわ」――これ、デリケートな問題だけに、このあからさまにペラペラな一言言わせるの不快感で背中がむずむずするんですよ。この一言が無くても、その前の台詞で十分ジョセフィンの言いたいことは伝わる。
  • 「助監督上りが、思い上がるな」――上がるを連続させるの気持ち悪くて私だったら絶対しないです。
  • 「ええ。ドイツを追われながらも、自由と夢を求め続けた詩人、ヴェーグマンさんみたい」――こういうたとえ話宝塚のラブロマンスでよくありますが、こじつけ過ぎて気持ち悪い。この時点ではナチスの芸術統制は始まってなくて、だから夢はともかく自由の要素は何それどっから来たよ。
  • 「諦めたら、そこでおしまいだって」「諦めるな、戦え」――イイ雰囲気でイイこと言ってる風だけど言ってることペラペラすぎて虚しい。
 
などなど。原田くんもうちょっと語彙力上げてくれえ……。キャラの書き込みも基本的に浅い。学年の若いトップスターのお披露目ならともかく、研16のトップさんで正義貫き夢見る若者っていうのは物足りなく感じました。ジルは殆ど受け身だし着いていくだけだししどころがない。エーリッヒもルイ―ゼロッテも、割とただのいい人、いい子。その辺にいそうで個性がないのが悲しいなあ……それに役も少ない。ポコちゃんの出番がかなり限定的なのはビジュアルでカバーされてるからまだ許すとして、ゆっこの扱い雑すぎませんか!?!? 新公主演やバウW主演、バウ二番手も経験した(別格)路線スターなのに他の重役とほぼ差が無くて辛い。そのUFA重役たちも、個性を出すのにかなり苦労してるのが伺えました。あと私の贔屓ちゃんも、ネルゾン劇場のレビューに出た後ナチスが芸術統制を始める場面までまったく出番が無くてしんどいなあ……下級生ってこんなもんなのかな。ダンス場面が少ないのも物足りなかったです……一番踊ってたのナチスの芸術統制の場面、次いでネルゾン劇場じゃないですか? 「スタジオが スクリーンが われらの戦場」って歌ってる場面とかダンス入れても良かったと思うんですけどね。組子は奮闘してるんですよ、クソな脚本書く原田が悪いのです←
 
 一番おいしかったのははるこちゃん。あのはるこちゃんが大劇でこんな役をやるようになったのか、と感慨深かったです。実はテオよりもジルのことを翻弄していて、この物語を大きく動かす重要人物の一人。ただ物語を動かすためのいい駒感が否めず、前半のノー天気ぶりと後半の悪女のギャップはそれゆえに生まれているのだと思います。キャラがいて物語が動くのではなく、物語を動かすためにキャラがいる、パターン。最初はそのギャップにちょっとついていけませんでしたが、はるこちゃんの力業で一貫性が見えてきた気がします(私が慣れただけかもしれないけど)。
  ゲッペルスを演じたカチャも意外と(←)良かったです。この役って、出番が後半に集中しているうえ、もし琴ちゃんやカイちゃんがやるとなるとスカピンとキャラが被ってしまうので、そういう意味でもカチャがやるのが丁度良かったです。久しぶりに見ましたが、やっぱりめちゃくちゃ顔小さい……
 
 スカピンからなんとなく感じていたのですが、今回改めて思ったのが、私舞台人としての紅ゆずるさんってあんまり好きじゃないんですよね(笑)。そのお人柄は好きなんですけど、舞台人としては、うん。声が高くて汚い(特に叫んだり怒鳴ったりした時)、滑舌が悪い、芝居がオーバーで日数を重ねるごとに演技が増えていく(台詞の合間に小さい笑いを増やしたりとか、台詞を文節で区切るのも癖ですよね)、歌もいまいち(本人比で上手くはなった)、ダンスも微妙(本人比でry)、ルックスも別に好みじゃない……マジで好きなところが一個もないんです。けれどよく言われているアドリブに関して、意外とそれは私気にしてないんですよねー。確かにメタ的なアドリブは多いですが(笑)。前述の通りお人柄は好きで、ナウオンなんかを見ているとイメージにの割にはとても真面目な人だと思いますし、初日や千秋楽のご挨拶でもあたたかさが感じられます。OSO千秋楽の挨拶で組替えしたあやなちゃんや休演していたれんくんの名前を出してくれたのも素敵だなと思います。
 
 長くなったのでショーの話はまた別記事で。

えにしはつよい!

 ょっと時間が経ってしまいましたが、日本青年館にて、星組阿弖流為」を観劇して参りました。

 TLの皆さんが続々と原作に手を出し、そこからあれやこれやと公演の妄想を繰り広げていくなか、阿弖流為の「あ」の字にも触れずに観劇に臨んだ私でしたが、ちょっと名前になじみがない程度で、話の理解にあまり支障はなかったです。Twitterでは大絶賛されていて、なかなか感想を述べにくいのですが……まあこんなとこ誰も見てないでしょうし、正直に書かせて頂きます。

 

 順不同に感想を述べますが、私は台詞の聞き取りやすい人が好きだなあと思いました。ことちゃんくらっち、いーくん、颯香凜くん。せおっちも私の中では台詞が聞き取りやすいと定評のある人なんですが、今回は声が低めでこもりがちだったかなあ(それでも本人比でこもっていただけなのでやっぱり聞き取りやすい部類なんですが)。颯香凜くん、あんなに落ち着きがあって舞台姿が堂々としているのに、まだ研3とは驚き。これからが楽しみです。あと、マイクを通した声が聞き取りやすい人と地声が聞き取りやすい人って違いますよね。せっきーなんかは後者。逆にマイクを通した声は聞き取りづらいこともあったりして。こうやって書いていて気が付きましたが、やはり阿弖流為の方に実力者が集まっているというか、個人の技術レベルの平均値が阿弖流為の方が高いなあ……

 

 華華コンビっていつまでも私の中では同格なんですが、さすがに、新公主演2回もやると扱いが違いました(苦笑)。ぴーすけは、阿弖流為の仲間になるくだり(めちゃくちゃダイジェスト感強かったけど)と最期と両方描かれていたので、やはり出番的にはおいしいなあと。あやなちゃんすごくいい役でしたけどね!「お前以外のために策を講じるつもりはない(大意)」とか「死ぬ日は同じと決めていた」とかもうこれプロポーズじゃないですか……少ない出番、少ない台詞で魅せているのも母礼らしいです。雪組であやなちゃんが大活躍できることを祈っています。あやなちゃんがんばれー!!

 

 映像の使い方すごかったなあ。プロローグで「主演 礼真琴」ってデカデカと画面に表示されていて(たしか)、これはファンの人感慨深いだろうなあと。ことちゃんが画面の中の敵?と戦っている場面も息ぴったりで流石でしたが、あれ何と戦っているのかいまいち分からなかったの私だけですか?← いやだってあの敵、空中から現れたりしてませんでした? 何あれ、ニンジャ?

 

 じゅりちゃんの男の子役、たしか三度目でしょうか。大絶賛されているのでちょっと言いにくいんですが、私は燃ゆる風の男の子の方が好きでした。今回かなり声が低くて、いや低くなるのは構わないんですが、がなり声というのか、声がかなりガサガサしているのが苦手で……雑音っぽくて聞き取りにくい。リアルな男の子に近づこうとしすぎて道を逸れてしまった印象です。宝塚の男の子役、子役としては、燃ゆる風で十分だと思うんですよね。しょせんはうら若い女性が演じているのだし、昔からこういう感じでやってきているから、誰も男の子に見えないとか突っ込まないと思うんです。しかしせっかくかわいい娘役さんなのだし、男の子ばっかりやらせるのももったいないと思うんですが、なんか宙組でも一回くらいは男の子役回ってきそうな気がするな(苦笑)。これはじゅりちゃんの問題じゃないんですが、じゅりちゃんあっさり死にましたね!? ボコボコにされて重傷を負っただろうなとは思いましたが、まさかあれが最期だったとは、ちょっと拍子抜けしました。

 

 いーくん、かっこよかったよおいーくん……!! 男役最後の役がこういう男らしい役で本当に良かったです。不意打ちで敵を背中からぶすっと刺して袖から登場するのが本当にかっこよくてかっこよすぎて泣きました。特に二回目。いーくんは死んだって他の役の人たちが言ってて、うっそだああれで本当に最期なわけ、最期なわけ、ってあまり信じてなかったんですが(信じたくなかった)、本当にもう一度出てきてくれて、嬉しかったあ……!! いーくんの男役が、男役のいーくんが大好きだったので、もういーくんの男役姿が拝めないのが残念ですが、娘役のいーくんも楽しみにしてます!

 

 ここ最近のせおっちの躍進は目覚ましいですね。立場的にはことちゃんと相対し、サシで剣も交えるという、とても二番手らしい役でした。烏帽子もよく似合ってた! もしニューウェーブがあるとすれば、センターはせおっちでしょうか。その為にニューウェーブが星では上演されなかったのかなあと思えてきます。

 

 脚本の話をすれば、割と人の死に際があっさりしていたな?という印象です。じゅりちゃんもそうだし、ことちゃんに至っては主役なのに、あっさり死んでいってしまってちょっとこちらが置いて行かれたかなと。阿弖流為も母礼も、田村麻呂も、死ぬことに関して達観している、それについて文句を言いたいわけではなくて、それでも誰も引き留める人がいないのでことがあまりにスムーズに進んでしまったというか。蝦夷の将来のために死を選ぶ、その決断に迷いがないのは良いけれど、たとえば実際、現実的に死に直面するにあたって、阿弖流為がもうひと越え重い覚悟を決めるのを見せるとか(歌ったり大仰な台詞の応酬をするんじゃなくていい、何かほんの少しのアクションで)。田村麻呂も帝に掛け合ってくれているけど、返事がノーだったからじゃあしょうがないってなるんじゃなくて、もう少し心の葛藤を間際に吐き出すとか。阿弖流為も母礼も田村麻呂も、その運命を受け入れているのはいいけど、死に対しての抵抗感というか、心のどこかでそれに抗いたいと思ってほしかったです。阿弖流為・母礼に比べればぴーすけは死に際がきちんと描かれていましたが、お前死んじゃうんかーい!と心の中で突っ込んでしまいました(笑)。阿弖流為と母礼は死を選んだ理由に納得がいくんですが、ぴーすけはたぶん外面的にも死ななければいけない理由はなくて、いわば義理のために、信念のために、後を追うことを選んでるんですよね。いやお前カノジョおったやん……カノジョできたばっかだったやん……あのコどうすんのよ、っていう(笑)

 しかし最下級生に至るまで役や台詞があって、きちんと生かしきれているのは別箱の醍醐味だなあと。マサツカ先生だったらこうはいきませんよね← 強いて言えば白鳥ゆりやちゃんが若干役不足感あったのと、かなえちゃんが意外と目立ってなかったかなと。いやそれでも、ここまで、組子を生かせていれば及第点だと思います!!

 

 本編の話が長くなってしまってすっかり書き忘れていたのですが、新しい日本青年館。こちらは噂に違わぬ酷さでしたね!(ニッコリ)トイレが少ない、ホワイエらしいホワイエが無い、改札が狭い(私が行ったときはたぶんもぎりの人4人だったと思います)、二階席の座席表がない(その代わりに、座席表が印刷されたペラ紙が壁に磁石で張ってあって、手書きで”現在地”の文字に蛍光ペンが引いてありましたね)、など挙げればキリがないです。新しく建て直した、意味??? 自販機もなくて(後から設置された?される?みたいですが)、天然水が200円くらいで手売りされてました(常温と、冷たいのはクーラーボックスに入ってました(ニッコリ)いや、間に合わせの設営会場じゃないんだから、プレハブ劇場じゃないんだからさあ!って感じですね。装飾のない、シンプルでモノトーン調な造りをしているだけに、物販や水販売が行われたりチラシを置くのに使われているむきだしの長机が目立って、痛々しい(↓みたいな机)。

f:id:uaby10:20170813004432j:plain

意外とコンビニは10分くらい歩いたところにしかないので、結構不便なんですよね。これも後から、コンビニやカフェが出来るらしいですが、いや出来るなら最初からやれよ……なんでこけら落としに間に合わせないんだよ……今後青年館が回ってきたら大ハズレだと思ってしまうレベルなんですが、次行ったときどう改善されているのか見物です。

輪廻転生ものがたり

 久しぶりです、綾倉です。まさかの約一か月ぶりの記事更新となりました……www昔から日記とか三日坊主で終わるタイプでしたが、続かないにも程がある(笑)。いやいや、まず戻ってきただけでも褒めてください←

ほんと言うと一度記事は書ききっていたのですが、下書き保存したつもりが綺麗さっぱり無くなってしまって……そこから面倒くさくなってしまったんです。

 

 梅田芸術劇場にて、星組「オーム・シャンティ・オーム」を観劇してまいりました。いやーたのしかった! 今回のブログではそのお話を。

 

 初演は複数回観ていたのですが、あまり良い印象ではなかったんです。だから再演も正直まったく期待していなかったんですが、ところがどっこいめちゃくちゃ楽しくて! たぶん脚本や演出に大きな変更はなかったと思うのですが、再演を観劇する前に原作の映画を見て私の心の持ちようがかなりかわったのと、主演二人の滑舌や歌がかなり良くなったのと、そしてマサラシステム! まさかこんなに楽しい公演になるなんて、初日が開ける前は思いもしませんでした。

 

 役自体はあまり多くないし、阿弖流為の方が下級生的にはお得なんじゃないかと思った時もありましたが、今はそうは思いません。台詞や役名はなくても、組子の個性がそれぞれの場面で爆発していましたし、かなり下級生ウォッチングが捗った公演でした。衣装を変え髪型を変え、コンセプトの違ういろいろな場面に出ているのがショーみたいで、飽きませんでしたね。

 

 マサラシステムの振り付け動画を最初にスカステで見たときは、こんなことしたって客席で実際に踊ってくれるお客さんはそう多くないだろうと高を括っていたんですが、見当違いでした。一階席でも二階席でも(三階席は座ってないので分からないです)視界に入るかぎりのお客さん、みんながみんな踊っていて、その光景は圧巻でした。そして不思議なことに、客席で少し手を動かしてみんなで踊っただけで、なんだか楽しくなってしまって、劇場の出口へ向かいながら身体がうずうずそわそわしてしまうのです。ちょっと踊っただけで、こんなに楽しい!

 

 一幕と二幕でオームとシャンティ(サンディ)のキャラや立場が入れ替わり、その二人の間でムケ―シュが30年間スタンスを変えずに生きているという、この三角関係が面白いなと思いました。というか、ムケ―シュもパップ―もベラもリシもラージェシュも、年はとっても変わらずに生きているんですよね。しかし30年って、冷静に考えてものすごい年月です。30年後の自分とか、皆さん想像できますか?笑

 

 マサラナイトイベントとして、○○の部屋というトークイベントがありましたが、私はリシ、ラージェシュ、ムケ―シュの部屋に参加させて頂きました。三者三様で面白くて、お茶会もこんな感じなのかなーと想像させられたり。しかしこのイベント、内容は生徒に丸投げされているんだな?というのも感じましたね(笑)

 リシの部屋はほんわかした雰囲気。たくてぃーとほのかちゃんは結構緊張気味なのが伺えました。何かの話の時に、「いいよ、ほのかちゃんワールド炸裂させて」とポコちゃんがほのかちゃんに話させていたのが印象的でした(笑)ほのかちゃんが面白い前提(笑)

 ラージェシュの部屋はリラックスした雰囲気。91期といっこ上さんですものね! このトーク月組のみやちゃんも客席で聞いていたというのがツボです(笑)沢山の質問が寄せられています、とかなんとか言って、てんてんが質問を考えてきてくれていました。

 ムケ―シュの部屋、男所帯(笑)。一番お茶会感を感じました。あーこういうカイちゃん、ツイッターのレポでみるやつだ!みたいな(笑)遥斗くんのエエ声が堪能できて楽しかったです。

 

 初演に比べてまとまりが良かったと言われるの、ちょっと分かる気がするんですよね。ことちゃんって技術面では圧倒的で、舞台のレベルを引き上げてくれることは確かなんですが、上手すぎるあまり、さゆみさんやあーちゃんの拙さを際立たせてしまって、舞台のバランスがおかしくなってしまう。男役トップを頂点とした大三角形を築かなきゃいけない宝塚なのに、上手さが突出していて、ことちゃんがトップコンビの尻拭いをしているかのようになってしまう。トップ(プレ)お披露目公演だったから余計に、この三人で大丈夫か?と不安にさせられてしまったわけです。その点今回の再演では大三角形が安定していたというか、悪い言い方をすれば、さゆみさんの実力に見合ったメンバーだった。だから宝塚的な意味でも、落ち着いていたのかなと思います。とはいえとはいえ、私はことちゃんをはじめとする阿弖流為メンバーも大好きですし、二つのチームが合流する次の大劇場公演が、一星組ファンとして楽しみです。つい最近の、トリデンテと言われていた頃の雪組も、まさに構図としては同じような形(トップの実力不足に対し、二番手が安定した実力を持っている状態)でしたが、こちらは上手く三角形を築けていたように思うので、何もこの組み合わせが悪いと言っているわけではないのです。一回りも二回りも成長したさゆみさんとあーちゃんなら、きっと大丈夫。

 

 こんなにも楽しい公演だと、舞台写真や円盤が発売されないのが残念でなりません。スカステの放送はあるみたいなので、それだけが救いです。まずはタカラヅカニュースでの千秋楽映像が楽しみです。

まずは自己紹介。

 じめまして、綾倉という者です。

 

 最近Twitterにちょくちょくはてなブログが流れてくるようになって、自分もやってみたいなー、なんて、そんないい加減でテキトーな憧れから始めました。お付き合い頂けたら嬉しいです。

 

 このブログでは、主に趣味についてお話するつもりですが、私の趣味はというと、主に宝塚アニメです。比率は7:3くらい。それぞれ詳しくお話しますね。

 

 まず宝塚。私の母が宝塚好きなもので、生まれついての宝塚ファン、というか母親のお腹にいる時からの宝塚ファンってやつですね。私の本名の下の名前は元トップ娘役さんに由来してるくらいです。今の贔屓組は星組。昔は割と全組観劇してたんですが、100周年過ぎてチケット取りづらくなってからはそうもいってないです。偏りがすごい。スカステは一応加入してるんですが最近はあまり見てないし、HDDに問題があってあまり録画もしていない(加入してる意味あるのか)。ご贔屓が誰かについては、取り合えず今のところは伏せておきます。身バレが怖いこのご時世ですしね……

 以下、好きな作品を順不同に羅列します。私の好みの傾向ってことで。

 

  一本もの(大劇場・別箱問わず)

  • TOP HAT
  • ME AND MY GIRL
  • カサブランカ
  • ヴェロニック
  • SAY IT AGAIN
  • 十二夜
  • THE MERRY WIDDOW
  • 春の雪
  • スカーレット・ピンパーネル
  • ヘイズ・コード
  • 眠らない男・ナポレオン
  • かもめ
  • ガイズ&ドールズ
  • 伯爵令嬢
  • ニジンスキー ー奇跡の舞神ー
  お芝居
  • 私立探偵・ケイレブハント
  • ルパンーARSENE RUPINー
  • ルパン三世ー王妃の首飾りを追え!-
  • メランコリック・ジゴロ
  • 琥珀色の雨に濡れて
  • シークレット・ハンター
  • 明智小五郎の事件簿ー黒蜥蜴
  • 長い春の果てに

  ショー

  • Le Paradis!!
  • HOT EYES!!
  • Apasionado!!Ⅱ
  • パッショネイト宝塚!!
  • ア ビヤント
  • THE ENTERTAINER!!
  • NICE GUY!!
  • TUXEDO JAZZ

 羅列したら意外と長くなった……(笑)でもやっぱり星に偏ってますね。ミュージカルは、最近流行りつつあるフレンチロック(太陽王とかロミジュリとか)よりもコッテコテのブロードウェイミュージカルが好きです。お芝居はマサツカ先生が割と好き。ショーはびっくりマークがやたら多いですが、ジエンタとパッショネイトはダイスケ先生じゃないので気を付けましょう(笑)。

 宝塚以外の舞台も観にいくように心がけてはいるんですけど、割合としては観劇全体の10~15%。しかもたいていヅカOGが出てるという(苦笑)。最近観たのはジョカステです。かっこよかったな~。

 

 

 

 続きましてアニメの話。こちらは宝塚とは打って変わって経歴がかなり短いです。ただのミーハーのにわか(なぜならある程度の年齢まで私の脳内は宝塚一色だったからである……ああこわいこわい)。推し声優はいるけど一応伏せておきますね。たぶんそのうち書いてる内容から簡単に推測できます。

 以下、好きなアニメの羅列。

 歴の浅さがすごくよく分かるな!?!? 上2つが太字なのは私の中の二大巨塔だからです。その2つだけは円盤を揃えている。ACCAイベント行きたいな~行きたいな~抽選当たりますように。コナンは一時期結構沼に浸かってて支部にいろいろ載せたりしてたんですが、劇場版第20作目が公開になって界隈が急に賑わい始めて、それでスーッと自分の熱も冷めていきました……。いやナイトメアは素晴らしい映画でしたし4回くらい劇場に見に行きましたけどね! 今は原作も追ってなくて、年に1回映画を見る程度です。でも近頃アニコナで裏切りシリーズをやるみたいなので、それは見ようかなー。
 
 
 こんなところでしょうか。最近文字を綴ること、自分の頭の考えをアウトプットすることを面倒に思っている自分がいて、それは良くないんじゃないかと危機感を持ち始めているので、その意識を徐々に改善したいです。どうぞよろしくお願いします!